DAEMON Tools Lite

DAEMON Tools Lite の概要や使い方を紹介しています

DAEMON Tools Lite を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

イメージファイルをマウントするなら「DAEMON Tools Lite」。

DAEMON Tools Lite
制作者 DAEMON's Home
対応 2000/XP/Vista/7/8

Download (公式)
Download (ミラー)

● DAEMON Tools Lite

シンプルで使いやすい仮想ドライブ作成ソフト。
各種 イメージファイル をマウントできる仮想ドライブを、最大で 4 つまで作成できるようにしてくれます。
対応している入力フォーマットは、iso / mds / b5t / b6t / bwt / ccd / cue / isz / nrg / cdi / ape / flac。
ディスクの内容を、iso / mdx / mds 形式のイメージファイルとしてコピーする機能や、よく使うイメージを
データベース化して管理する機能 等が付いています。

「DAEMON Tools Lite」は、シンプルな仮想ドライブ作成ソフトです。
各種イメージファイルをマウント※1 することができる “ 仮想ドライブ ” を、タスクトレイ等から超簡単に
作成できるようにする... というCD / DVD エミュレータです。
※1 コンピュータに、「ディスク」として認識させる処理のこと。
逆に、認識解除のことを「アンマウント」という。

仮想ドライブは最大で 4 つまで作成することができ、その数はいつでも増減できるようになっています。
対応している入力フォーマットは、iso / mds / b5t / b6t / bwt / ccd / cue / isz / nrg / cdi / ape / flac※2
※2 ape / flac は、CUE シート付属のものに限る。
イメージファイルをデータベース化して管理する機能や、指定したドライブ内にあるディスクの内容を、iso /
mdx / mds + mdf 形式のイメージファイルとしてコピーする機能※3 なども付いていたりします。
※3 コピー時には、圧縮 / パスワード保護 といったオプションを指定することもできる。
出力するイメージをパスワードで保護しておくと、該当イメージをマウントする際にパスワード入力が
必須になる。

使い方は以下の通り。

    インストール
  1. インストールの途中で、ライセンスタイプの選択画面 が表示されます。
    ここでは、「無料ライセンス」の方を選択します。
    (「DAEMON Tools Lite」は、個人で利用する場合のみ無料... という形態になっています)
  2. 次に、コンポーネントの選択 という画面が表示されます。
    必要なければ全てのチェックを外してもOK ですが、SPTD ドライバーをインストールしない場合、
    高度なエミュレーションが行えないようです。
    しかし、SPTD ドライバーと競合するソフトウェアもあるようなので、心配なようであれば SPTD の
    チェックも外しておくとよいでしょう。
  3. 続いて 外部ツールのインストールを促す画面 が表示されます。
    ここでは「インストールしない」方を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
    「インストールしない」のような選択肢がない場合 は、「カスタムインストール」などを選択し、全ての
    チェックを外しておいて下さい。
  4. 最後に、MountSpace に関するダイアログ 表示されます。
    下の「許可しません」の方を選択して「次へ」ボタンをクリック。
  5. 再起動を促す画面 が表示されます。
    ここで再起動すれば、インストールは完了です。
    ( SPTD ドライバーをインストールしなかった場合、再起動の必要はありません
    タスクトレイから使う
  1. 「DTLite.exe」を実行します。
  2. 「イメージカタログ」という画面 が表示されます。
    これの中ほどにある 設定 ボタンをクリック。
  3. 設定画面 が表示されるので、「トレイエージェントを使用する」にチェック → 画面右下にある
    「適用」ボタンをクリックし、「閉じる」ボタンを押します。
    (必要に応じて、「 (Windows 起動時に) 自動起動」にもチェックを入れておく)
    ついでに、「イメージカタログ」も閉じてしまってOK です。
  4. タスクトレイ上にアイコンが表示されます。
    これを右クリックし、「仮想デバイス」→「SCSI 仮想ドライブを追加する」を選択し、仮想ドライブを
    作成します。
    ( SPTD ドライバーをインストールしなかった場合は、「DT 仮想ドライブを追加する」を選択)
    尚、仮想ドライブは(多分)最初から 1 台作成されていると思うので、もし 2 台も必要なければ
    作成しなくてOK です。
  5. 少し待つと、「マイ コンピュータ」内に仮想ドライブが追加されています。
    ここにイメージファイルを読み込ませると、該当のイメージを普通に開けるようになります。
    (普通のディスクと同じように扱えるようになる... ということ)
    という訳で、トレイアイコンを右クリック →「仮想デバイス」→「 [SCSI - 0] (x:) メディアなし」から
    「イメージのマウント」を選択します
    ( x: の部分は、ドライブレター)
    DT 仮想ドライブを作成した場合は、「 [DT - 0] (x:) メディアなし」から「イメージのマウント」を
    選択します。
  6. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、マウントしたいイメージファイルを選択します。
  7. すると、今選択したイメージファイルが、作成しておいた仮想ドライブから開けるようになっています。
    以降、「マイ コンピュータ」等から、マウントしたイメージファイルを普通のディスクと同じように
    扱えるようになります。
  8. 読み込んだイメージをアンマウントする時は、トレイアイコンを右クリック →「仮想デバイス」から
    イメージマウント中の仮想ドライブにマウスカーソルを合わせて、「イメージのアンマウント」を
    選択すればOK です。
    (あるいは、エクスプローラ上で目的の仮想ドライブを右クリック →「取り出し」を選択)
  9. ちなみに、タスクトレイアイコンを右クリック →「仮想デバイス」→ 任意のデバイスを選択 →
    「デバイスのパラメータ」から、該当デバイスのドライブレター / リージョンコード(DVD 地域)を
    変更することもできたりします。
仮想ドライブの数を増やしたくなったら、タスクトレイ上の「DAEMON Tools Lite」を右クリックし、
「仮想デバイス」から「SCSI 仮想ドライブを追加する」を選択すればOK です。
( SPTD ドライバーをインストールしなかった場合は、「DT 仮想ドライブ」を作成する)
「仮想デバイスを追加しています」と表示された後、新たな仮想ドライブを使用できるようになります。
作成した仮想ドライブを削除する時は、タスクトレイアイコンを右クリック →「仮想デバイス」から
目的のドライブを選択し、「ドライブの削除」を選択すればOK です。

    イメージカタログに、イメージを登録
  1. 「DTLite.exe」を実行します。
    タスクトレイアイコンを表示させている場合は、トレイアイコンをダブルクリックしてもOK です。
    (トレイアイコンを右クリック →「DAEMON Tools Lite」を選択しても同じ)
  2. 「イメージカタログ」 が表示されます。
    「イメージカタログ」とは、ディスクイメージの「お気に入り」のようなものです。
    この「イメージカタログ」によく使うディスクイメージを登録しておくと、それらのイメージを手早く
    マウントできるようになる... という訳です。
    普段扱っているディスクイメージの数が多い場合、この「イメージカタログ」を使うとマウント作業が
    楽になります。
  3. 画面左下にある ファイルの追加 ボタンをクリック。
  4. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    そのまま、「イメージカタログ」に登録したいディスクイメージを選択します。
  5. ディスクイメージを選択すると、上部の「イメージカタログ」欄に該当のイメージが登録されます。
  6. 普段よく使っているディスクイメージが他にもある場合は、同じようにして登録処理を行います※4
    ※4 登録したイメージをリストから削除する時は、削除したいイメージを選択 → アイテムの削除 ボタンを
    クリックする。
  7. 仮想ドライブを新規に作成する時は、画面中段にある SCSI 仮想ドライブを追加する ボタンをクリックします。
    ( SPTD ドライバーをインストールしなかった場合は、 DT 仮想ドライブを追加する を選択)
    作成した仮想ドライブを削除する時は、下部の欄で目的の仮想ドライブを選択 → 仮想ドライブの削除 ボタンを
    クリックします。

  8. イメージカタログ内のイメージを、マウント
  9. 画面上部にあるイメージリストの中から、マウントしたいイメージファイルを選択します※5
    ※5 もしくは、タスクトレイ上の「DAEMON Tools Lite」を右クリック →「イメージカタログ」から、
    マウントしたいイメージを選択するだけでもよい。
    仮想ドライブを複数台作成している場合、その後 利用可能な仮想ドライブが一覧表示される ので、
    その中からマウント先とするドライブを選択 →「OK」ボタンをクリックする。
    (仮想ドライブの台数が 1 台である場合、即マウント処理が行われる)
  10. 画面中段にある マウント ボタンを押します※6
    ※6 あるいは、マウントしたいイメージファイルを右クリック →「マウント」から、マウント先の
    仮想ドライブを選択するだけでもよい。
    (仮想ドライブが一台しかない場合は、右クリック →「マウント」を選択するだけでOK )
  11. 仮想ドライブを複数台作成している場合、その後 利用可能な仮想ドライブが一覧表示される ので、
    その中からマウント先とするドライブを選択 →「OK」ボタンをクリックします。
    (仮想ドライブの台数が 1 台である場合、即マウントが行われる)
  12. マウントしたイメージをアンマウントする時は、イメージ読み込み中の仮想ドライブを選択 →
    アンマウント ボタンを押せばOK。
    (イメージをマウント中のドライブを右クリック →「アンマウント」を選択しても同じ)
  13. イメージカタログに登録していないイメージファイルをマウントしたい時は、カタログの下部で
    マウント先とするドライブを選択 → マウント ボタンを押し、目的のイメージファイルを選択します。
    (ドライブを右クリック →「マウント」を選択しても同じ)
    ディスクコピー
  1. あらかじめ、コピーしたいディスクを光学ドライブに挿入しておきます。
    もしくは、ISO 形式で保存したいディスクイメージを、マウントしておきます。
  2. タスクトレイ上の「DAEMON Tools Lite」を右クリックし、「ディスクイメージを作成」を選択。
    (イメージカタログ中段の ディスクイメージを作成する ボタンをクリックしても同じです)
  3. 「ディスクのイメージング」という画面 が表示されます。
    まず最初に「デバイス」欄で、コピーしたいディスクが入っているドライブを選択します。
  4. 次に、「目的イメージファイル」欄の右にある ... をクリックし、イメージの出力先フォルダ&
    ファイル名 を指定します。
  5. 必要に応じて、
    • イメージデータの圧縮※6
    • 失敗時にイメージを削除する
    • イメージカタログに追加
    • イメージを保護するパスワード
    といったオプションを設定しておきます。
    ※6 圧縮を行う場合、通常よりも処理に時間がかかるので注意。
  6. 設定が済んだら、右下にある「開始」ボタンをクリック。
  7. ディスクのコピー処理が実行されるので、じっくりと待ちます。
  8. しばらく待ち、「ディスクイメージングの作成が完了しました」と表示されたら作業終了です。

 DAEMON Tools 解説サイト
AZO's krafts page

BackupStreet - DVDコピー総合情報サイト
トップユーティリティ総合仮想ドライブ作成 DAEMON Tools Lite TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Explzh
高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 ImgBurn
高機能かつ多機能なライティングソフト

 LAV Filters
ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Hekasoft Backup & Restore
超シンプルなブラウザ設定バックアップソフト

 Partition Wizard Home Edition
パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Windows Live ムービーメーカー
高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 新着フリーソフト
 Rufus
様々なOS のディスクイメージを元にして、ブータブルなUSB を高速作成することができる
 avast! Free Antivirus 10
豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス
 Metascan Online
指定したファイルを、40 種類のアンチウイルスで一括スキャン
 Trimless for Google MailTM
Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン
 Air Explorer
様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面型のファイラー
 AeroFS
指定したフォルダ内のファイルを、別のデバイス内の特定フォルダと同期
スポンサード リンク

DAEMON Tools Lite を紹介しているページです