MPC - Homecinema

Media Player Classic - Homecinema の概要や使い方を紹介しています

Media Player Classic を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

多形式に対応した使いやすいマルチメディアプレイヤー!「Media Player Classic - Homecinema」。

Media Player Classic - HC
制作者 MPC-HC Team
対応 XP/Vista/7/8

Download (Beta : XhmikosR)
Download (公式)
Download (MPC-BE )

● Media Player Classic - Homecinema

スタンダードなインターフェースの高機能マルチメディアプレイヤー。
非常に多くのフォーマットに対応していながらも、シンプルで使いやすい... という特徴を持っています。
標準の状態で、SWF 形式のフラッシュ、DVD / FLV / MP4 / MKV / WebM などの再生に対応しています.
再生速度の減少 / 増加、指定した再生時間へのジャンプ、DVD 用メニュー、DXVA、キャプ画作成、色調補正、
音ズレ補正、よく見るファイルへのショートカットを作成できる「お気に入り」等々の機能が付いています。

「Media Player Classic - Homecinema(MPC HC)」は、高機能なメディアプレイヤーです※1
※1 「MPC-BE」は、黒基調なテーマの Media Player Classic - Homecinema
シーク時の サーチプレビュー、シークバー上への チャプターマーカー設置 等の機能が実装されている。
(オプション画面の左メニュー内にある「Interface」から設定を行えるようになっている)

「Windows Media Player 6.4」とよく似たインターフェースを持つシンプルなマルチメディアプレイヤーで、
その見た目通り軽快かつそつなく動作してくれるところが最大の特徴。
(さすがに、WMP 6.4 に比べれば重いですが...)
また、様々なデコーダーを内蔵しているところもポイントの一つで、DVD / AC3 / MP4 / FLV / DivX / Xvid /
MKV / OGM / WebM 等々のファイルを、標準状態で再生できるようになっています※2
( H.264 / VC-1 / MPEG-2 に関しては、DXVA を利用することもできる※3
※2 もちろん、各種 コーデック / DirectShow フィルター をインストールしておけば、その他のファイルも
再生できるようにもなる。
さらに、一部のストリーミングメディアの再生にも対応している。
(ストリーミングに関しては、WMP の方が確実な模様)

※3 “ DXVA ” とは、GPU を利用した動画再生支援機能のことで、CPU の負荷を軽減させる効果がある.
OS がXP の場合、ビデオレンダラをオーバーレイミキサ / VMR7 / VMR9 / VMR9(レンダーレス)の
いずれかに、Vista / 7 / 8 の場合は、EVR / EVR カスタムプレゼンタ / 同期レンダラ のいずれかにする。
ビデオレンダラは、設定画面の「再生」→「出力」から変更することができる。
(設定画面は、メニューバー上の「表示」→「オプション」から開くことができる)

見た目は割りとシンプルですが、再生速度の変更、色調 / 明るさ 補正、音ズレ補正、キャプ画※4 作成、
スクリーンキャプチャー、よく見るファイルの「お気に入り」登録 等々、結構便利な機能を備えています。
※4 動画内のシーンをランダムに抽出し、それらをサムネイル形式で並べた “ ダイジェスト画像 ” のようなもの
(メニューバー上の「ファイル」→「サムネイルを保存」から作成できる )
キャプ画の例
サムネイルの横 × 縦 列数や画像幅は、自由に指定することができる
ちなみに、スクリーンキャプチャーは、メニューバー上の「ファイル」→「画像を保存」から行うことができる.

Media Player Classic - Homecinema Beta (XhmikosR 版)のダウンロード方法

主な機能には、ファイルの再生 / 停止 / 一時停止、再生速度の調整、コマ送り、指定した再生時間への
ジャンプ(移動)、フルスクリーン再生、フレームの拡大 / 縮小、パン※5プレイリスト※6... などがあります.
※5 フレームの表示位置を、上 / 下 / 左 / 右 にずらす機能。
※6 プレイリストは、ウインドウから分離させることもできる。
(左端のバーを、好きな場所にドラッグ&ドロップすればよい)

さらに、よく見るファイルへのショートカットを作成できる「お気に入り」、映像と音声の同期※7、動画の
プロパティ表示※8、毎秒ごとのフレームレート / ビットレート表示※9 などの機能も付いていて、機能は
非常に充実しています。
※7 メニューバー上の「表示」から「オプション」を開き、左メニューの「内部フィルタ」→「音声切替」
クリック → 右側にある「音声のタイムシフト」にチェック → その隣の欄に、補正する時間をミリ秒単位で
入力する。
音が遅れている場合は「-1000」のように負の値を、早い場合は「1000」のように正の値を入力する。

※8 コーデック / 解像度 / アスペクト比 / フレームレート / サンプルレート 等を 確認することもできる
※9 「統計」機能
加えて、DVD / Blu-ray 等を再生している時には、音声 / 字幕 / 映像 トラックを切り替えたり、タイトル /
チャプター の移動を行うこともできたりします。
(ルートメニュー / タイトルメニュー 等、各種メニュー画面へのジャンプ機能もある)

その他、映像にシャープ / ノイズ除去 等のエフェクトをかける “ シェーダ ” 機能も付いています。

    ツールバースキンの変更方法
    「MPC-BE」のツールバースキンも、同様の手順で変更することができます。
  1. 「Media Player Classic - Homecinema」は終了させておきます。
  2. Media Player Classic - Home Cinema WikiDEV.MPC-NEXT.RUdeviantART で、
    気に入ったスキンをダウンロードしておきます。
  3. 尚、スキンの名前は、「toolbar.bmp」か「toolbar.png」でなくてはなりません。
    必要に応じて、ツールバースキンの名前を「toolbar.bmp」か「toolbar.png」に変更しておきます。
  4. あとは、「toolbar.bmp」や「toolbar.png」 を、「mpc-hc.exe」(あるいは「mpc-be.exe」)
    同じフォルダ内に置けばOK です。

このソフトを利用するには、DirectX エンド ユーザー ランタイム をインストールしている必要があります。

 Media Player Classic - Homecinema のアップデート支援ソフト
MPC-Updater

 MPC-BE 用のロゴ
DEV.MPC-NEXT.RU
トップ音楽・動画関連ソフト動画プレイヤー MPC - Homecinema TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Orchis
シンプルで使いやすいランチャー

 XMedia Recode
多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Media Player Classic Homecinema
高機能なマルメディアプレイヤー

 Unchecky
アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 LinuxLive USB Creator
Linux 系OS のライブUSB を作成

 COMODO Firewall
高機能なファイアウォール

 新着フリーソフト
 avast! Free Antivirus 10
豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス
 Metascan Online
指定したファイルを、40 種類のアンチウイルスで一括スキャン
 Trimless for Google MailTM
Gmail で「…」となって短縮される部分が、短縮されないようにするFirefox アドオン
 Air Explorer
様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面型のファイラー
 AeroFS
指定したフォルダ内のファイルを、別のデバイス内の特定フォルダと同期
 Drag image To SaveChrome
ウェブページ上の画像を、ドラッグ&ドロップで保存できるようにする

Media Player Classic - Homecinema を紹介しているページです