HandBrake

HandBrake の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
HandBrake を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

DVD / Blu-ray / その他各種動画ファイル を、MP4 / MKV に変換!「HandBrake」。

HandBrake
オリジナル制作者 Eric Petit
日本語版 制作者 Tilt
対応 Vista/7/8/8.1/10

Download (英語版 : 最新)
Download (日本語版)

● HandBrake

DVD / Blu-ray を含む各種動画ファイルを、MP4 / M4V / MKV ファイルに変換してくれるソフト。
DVD データ / Blu-ray データ / ISO イメージファイル 内の特定タイトル、または AVI / MP4 / FLV / MKV 等々の各種動画ファイルを、簡単な操作で H.264 / H.265 / VP8 / VP9 圧縮の MP4 / M4V / MKV に変換して出力することができます。
タイトル内の特定チャプターのみを抽出&変換する機能や、フレームをリサイズ / クロッピング する機能、デインターレース / デブロック 等のフィルタをかける機能、字幕合成機能 なども付いています。

「HandBrake」は、 各種動画ファイルを MP4 / M4V / MKV に変換してくれるソフトです。

  • DVD メディア
  • リッピング 済みの「VIDEO_TS」フォルダ
  • Blu-ray メディア
  • リッピング済みの「AVCHD」フォルダ
  • DVD / Blu-ray イメージ
内の特定タイトル、および各種動画ファイル( libavcodec 依存)を、MP4 / M4V / MKV のいずれかに変換してくれるビデオコンバーターです※1
※1 動画の映像は、H.264 / H.265 / Theora / VP8 / VP9 / MPEG-4 / MPEG-2 のいずれかで、音声は AAC / MP3 / AC3 / Vorbis / FLAC のいずれかで圧縮することができる。
(Theora / VP8 / VP9 / Vorbis / FLAC は、MKV で出力する場合のみ使用できる)
“ クイック・シンク・ビデオ ” 対応の Intel 製 CPU を使用している場合、ハードウェアエンコーディングを行うことも可能。

変換の際には、タイトル内の特定チャプターのみを抽出したり、リサイズ / クロッピング を行ったり、細かい圧縮設定を行ったりすることができるなど、そこそこ柔軟性の高いセッティングを行えるようになっています。
また、プリセットを使った一発設定機能も付いているので、変換を手っ取り早く行うこともできたりします。

基本的な使い方は以下の通り。
下記内容は、HandBrake 1.0.0(英語版)のものになります。

  1. 「Handbrake.exe」を実行します。
  2. 最初に「Source Selection」という画面が表示されます。
    Source Selection
    まず、左下にある「Preferences」というリンクをクリックします。
  3. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    ここで、左メニュー内の「Output Files」タブを開き、画面右側にある「Default Path」欄で、デフォルトのファイル出力先フォルダを指定します。
    (右端の「Browse」ボタンをクリックし、出力先フォルダを選択する)
    「Output Files」タブ
  4. フォルダを設定したら、画面左下の「Back」ボタンをクリックします。
  5. 変換元が
    • ISO イメージファイル
    • 一般的な動画ファイル
    の場合は「File」ボタンを、
    • DVD / Blu-ray ディスク
    • 「VIDEO_TS」フォルダ
    • 「AVCHD」フォルダ
    の場合は「Folder」ボタンをクリックし、変換したいファイル / フォルダ / ドライブ を選択します。
    Source Selection
  6. メイン画面が表示されます。
    HandBrake
    変換元が DVD / Blu-ray の場合、画面左上の「Title」欄で変換したいタイトルを選択します。
    「Title」欄
  7. タイトル内の特定チャプターのみを抽出したい場合、隣の「Chapters」欄で抜き出すチャプターを範囲指定しておきます※2
    「Chapters」タブ
    ※2 例) チャプター 1 からチャプター 5 までを抽出する場合
    「Chapters ▼」「1」 through 「5」
  8. すぐ下にある「Destination」欄で、出力ファイルに関する設定を行います。
    ここでは、右端にある「Browse」ボタンをクリックし、ファイルの出力先フォルダ / フォーマット※3 / 名前 を指定すればOK。
    ※3 フォーマットは、「名前を付けて保存」ダイアログ下部にある「ファイルの種類」欄で指定する。
    「ファイルの種類」欄で指定する
    ストリーミング配信用の MP4 に変換する時は、「Web Optimized」にもチェックを入れておくとよいでしょう。
    iPod 5G と互換性のある MP4 に変換する時は、「iPod 5G Support」にもチェックを入れておきます。

  9. 変換設定
  10. 画面下部の「Picture」タブ内にある「Width」「Height」欄で、出力動画の画像サイズを指定します※4
    (オリジナルより大きいサイズは指定できない?ので注意)
    「Picture」タブ
    ※4 「Anamorphic」を「None」にすると、フレームの幅 × 高さ を自由に指定できるようになる。
    アスペクト比だけを保持し、任意のサイズにリサイズしたい時は、「Loose」を選択 → リサイズ先の画像幅を入力する(高さは、最適な数値に自動で設定される)。
    「Modulus」は、16 にしておく。
  11. 必要であれば、右側の「Cropping」欄でクロッピング※5 の設定を行っておきます。
    ※5 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ削り取る機能。
    画像をクロップする場合、通常は「Automatic」を選択すればよい。
    逆に、クロップしない場合は、「Custom」を選択 → 全ての値を「0」にする。
  12. 「Filters」タブを開き、映像フィルタに関する設定を行います(必要な場合のみ)。
    「Filters」タブ
    ここでは、
    • Detelecine - 逆テレシネ
    • Deinterlace※6 - インターレース解除
    • Denoise※7 - ノイズ除去
    • Deblock - ブロック除去
    • Grayscale - グレースケール
    • Rotate - 回転
    • Filip - 反転
    といったフィルタの設定を行うことができます。
    ※6 一般的に良く使われているインターレース解除フィルタ「Yadif」か、部分的にインターレース解除を行うフィルタ「Decomb」のどちらかを選択することができる。
    (「Decomb」は、明らかにインターレースがかかっているフレームにのみデインターレースをかける)

    ※7 「NLMeans」と「hqdn3d」の 2 種類がある。
    「NLMeans」の方が高品質だが、処理速度が遅い。
  13. 「Video」タブを開き、映像に関する設定を行います。
    「Video」タブ
    まず、「Video Codec」欄で、映像を圧縮する際に使用する コーデック を選択します。
    ついでに、「Framerate (FPS)」欄で、映像のフレームレートを設定しておきます。
    (そのままでもOK)
  14. 次に、右側にある「Quality」欄で、映像の圧縮方法とその品質を指定します。
    圧縮方法は、下記のどちらかを選択することができます。
    • Constant Quality : 映像の “ 品質レベル ” を指定して、圧縮を行います※8
    • Avg Bitrate : 映像の “ 平均ビットレート ” を指定して、映像を圧縮します。
    ※8 コーデックが H.264 / H.265 / MPEG-4 / MPEG-2 / VP8 / VP9 の場合、数値が小さいほど高画質になる。
    Theora の場合、数値が大きいほど高画質になる。

    圧縮を 2 パスで丁寧に行いたい場合は、左下の「2-Pass Encoding」にチェックを入れます。
    (画質は良くなるが、その分変換に時間がかかる)
    ちなみに、「Constant Quality」で圧縮を行う場合、2 パスは使えません。
  15. 続いて「Audio」タブを開き、音声に関する設定を行います。
    「Audio」タブ
    ここでは、
    1. 出力する音声トラック
    2. Codec※9 - 音声圧縮の際に使用するコーデック
    3. Bitrate / Quality※10 - ビットレート / 音声品質
    4. Mixdown - 音声のミックスダウン方法
    5. Samplerate - サンプルレート
    をそれぞれ設定します。
    (「Samplerate」は、「Mixdown」の右側にある V ボタンを押すと表示される)
    ※9 元の音声ソースが AC3 / E-AC3 / DTS / DTS-HD / AAC / MP3 の場合、「Auto Passthru」を選択すれば、再エンコードなしで音声を出力することができる。
    ( MKV で出力する場合に)

    ※10 AAC / MP3 に変換する場合、品質指定(「Quality」)でエンコードを行うこともできる。
    AAC の「Quality」は、数値が大きいほど低圧縮&高音質になり、MP3 の「Quality」は、数値が小さいほど低圧縮&高品質 になる。

    音量の大小が激しい場合、「DRC」(コンプレッサー)を 1.5 ~ 2.5 くらいにしておくと、粒が揃います。
    変換元の DVD / Blu-ray がマルチトラック音声の場合、左上の「Add Track」ボタンをクリックすることで、出力動画をマルチトラック音声にすることができます。
    (リストにトラックが追加されたら、先ほどと同様に音声設定を行う)
  16. 「Subtitles」タブを開き、字幕に関する設定を行います。
    (動画に字幕を付ける場合のみ)
    「Subtitles」タブ
    基本的には、左上の「Add Track」ボタンをクリックし、合成する字幕トラックを選択すればOK です※11
    ※11 追加した字幕トラックをデフォルトのトラックにする時は、「Default」にチェックを入れておく。
    字幕を映像に直接埋め込む場合は、「Burn In」にチェックを入れる。

    上部の「Import SRT」ボタンをクリックすることで、外部 SRT 字幕を合成させることもできたりします。
  17. 動画にチャプターを打ちたい場合は、「Chapters」タブを開き、「Create chapter markers」にチェックを入れておきます。
    「Chapters」タブ

  18. 変換実行
  19. 設定は、基本的にここまで※12
    ※12 画面右下の「Add」ボタンを押すと、ここまでの設定を “ プリセット ” として保存することができる。
    あとは、画面左上にある「Start Encode」ボタンを押せばOK です。

尚、設定が終わった後「Add To Queue」ボタンをクリックすると、設定内容をキュー(実行待ちリスト)に追加することができます。

キューウインドウ
(これにより、続けて他の DVD / Blu-ray データの圧縮設定を行うことができる※13
※13 複数のデータをまとめて変換したい時などに。
キューウインドウは、ツールバー上の「Show Queue」ボタンを押すと表示される。
(処理を実行する時は、キューウインドウ内の「Start」ボタンを押せばよい)

ここでは、全設定を手動で行う方法を紹介しましたが、画面右側にある「Presets」欄で、あらかじめ設定されたプリセット(圧縮設定)を利用することもできるようになっています※14
※14 プリセットには、iPod / iPhone / iPad / Apple TV / Android 向け のものが登録されている。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
HandBrake TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 TC4Shell

アーカイブ / イメージファイル / 実行ファイル 等を、フォルダのような感覚で開けるようにする

 Twitter自動画像拡大フィルタ

Twitter の画像を、ブラウザの横幅や高さに合わせて拡大表示できるようにする ChromeFirefox 拡張

 Video Clip QuickTool

各種動画ファイルを、カット / リサイズ / クロップ / 回転 / 反転 / 音量調整 することができる

 Paste As File

クリップボード内のテキストや画像を、右クリックメニューからファイルとして保存可能にする

 ImgDrive

イメージファイルを読み込み可能な “ 仮想ドライブ ” を、最大で 7 個まで作成できるようにする

 avast! Free Antivirus 17

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

HandBrake を紹介しているページです