HandBrake

HandBrake の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
HandBrake を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

DVD / Blu-ray / その他各種動画ファイル を、MP4 / MKV に変換!「HandBrake」。

HandBrake
日本語版 制作者 Tilt
オリジナル制作者 Eric Petit
対応 XP/Vista/7

Download (日本語版)
Download (英語版 : 最新)

DVD のプロテクトを解除する機能は付いていません。

● HandBrake

DVD / Blu-ray を含む各種動画ファイルを、" H.264 " 圧縮の mp4 / m4v / mkv に変換してくれるソフト。
DVD データ / Blu-ray データ / ISO イメージファイル 内の特定タイトル、AVI / MP4 / FLV / MKV 等々の
各種動画ファイルを、簡単な操作で H.264 圧縮の mp4 / m4v / mkv に変換することができます。
タイトル内の特定チャプターのみを抽出&変換する機能や、フレームをリサイズ / クロッピング する機能、
デインターレース / デブロック 等のフィルタをかける機能、字幕合成機能 なども付いています。

「HandBrake」は、 各種動画ファイルを mp4 / m4v / mkv に変換してくれるソフトです。

  • DVD メディア
  • リッピング 済みの「VIDEO_TS」フォルダ
  • Blu-ray メディア
  • リッピング済みの「AVCHD」フォルダ
  • DVD / Blu-ray イメージ
内の特定タイトル、および各種動画ファイル ( libavcodec 依存) を、mp4 / m4v / mkv のいずれかに
変換して出力してくれます※1
※1 動画の映像は、H.264 / MPEG4 / VP3 のいずれかで、音声はAAC / MP3 / AC3 / DTS / Vorbis の
いずれかで圧縮することができる。
(VP3 / DTS / Vorbis は、mkv で出力する場合のみ指定できる)

変換の際には、タイトル内の特定チャプターのみを抽出したり、リサイズ / クロッピングを行ったり、細かい
圧縮設定を行ったりすることができるなど、そこそこ柔軟性の高いセッティングを行えるようになっています
また、プリセットを使った一発設定機能も付いているので、変換を手っ取り早く行うこともできたりします。

基本的な使い方は以下の通り。
下記内容は、日本語版のものになります。

  1. 「Handbrake.exe」を実行します。

  2. 初期設定
  3. 初回起動時のみ、プリセットの更新を促すダイアログが表示されます。
    メニューバー上の「プリセット」→「内部プリセットを更新」を選択し、プリセットの更新を行います。
  4. 続いて、規定の出力先フォルダを設定します。
    メニューバー上の「ツール」から「オプション」を選択。
  5. 下の「デフォルトパス」欄の右側にある「参照」ボタンをクリックし、規定の出力先フォルダを
    指定します。
  6. フォルダを設定したら、右下の「閉じる」ボタンを押します。

  7. ファイルの読み込み ~ 出力設定
  8. ツールバー上の「ソース」ボタンをクリックし、変換元の動画ファイルを指定します。
    変換元が
    • ISO イメージファイル
    • 一般的な動画ファイル
    の場合は「ビデオファイル」を、
    • 「VIDEO_TS」フォルダ
    • 「AVCHD」フォルダ
    の場合は「フォルダ」を、
    • DVD / Blu-ray ディスク
    の場合は各ドライブ名 を選択します。
  9. 変換元が DVD / Blu-ray の場合、左上の「タイトル」欄で変換したいタイトルを指定します。
  10. タイトル内の特定チャプターのみを抽出したい場合、隣の「Chapters」欄で抜き出すチャプターを
    範囲指定しておきます※2
    ※2 例) チャプター 1 からチャプター 5 までを抽出する場合
    「Chapters ▼」「1」 から 「5」
  11. すぐ下にある「保存先」欄で、出力ファイルに関する設定を行います。
    ここでは、右端にある「参照」ボタンをクリックし、ファイルの出力先フォルダ / フォーマット※3 /
    名前 を指定すればOK。
    ※3 フォーマットは、「名前を付けて保存」ダイアログ下部にある「ファイルの種類」欄で指定する.

  12. 変換設定
  13. 画面下部の「ピクチャ」タブ内にある「幅」「高さ」欄で、出力動画の画像サイズを指定します※4.
    (オリジナルより大きいサイズは指定できない?ので注意)
    ※4 「アナモルフィック」を「None」にすると、フレームの幅 × 高さ を自由に指定できるようになる.
    オリジナルの解像度を維持したい場合は、「アナモルフィック」を「Strict」にする。
    アスペクト比だけを保持し、任意のサイズにリサイズしたい場合は、「Loose」を選択 →
    リサイズ先の画像幅を入力する(高さは、最適な数値に自動で設定される)。
    「モジュール」は、16 のままでOK。
  14. 必要であれば、右側の「クロッピング」欄でクロッピング※5 の設定を行っておきます。
    ※5 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ削り取る機能。
    画像をクロップする場合、通常は「自動」を選択すればよい。
    逆にクロップしない場合は、「カスタム」を選択 → 全ての値を「0」にする。
  15. 「映像フィルター」タブ を開き、映像フィルタに関する設定を行います(必要な場合のみ)。
    ここでは、逆テレシネ、Decomb、インターレース解除、ノイズ除去、デブロック といったフィルタの
    設定を行うことができます※6
    ※6 「Decomb」は、部分的にインターレース解除を行うフィルタ。
    明らかにインターレースがかかっているフレームにのみ、デインターレースをかける。
    インターレース解除は、速度を遅くするほど高品質になるが、その分エンコードが遅くなる。
    ノイズ除去は、強すぎるとかえって画質劣化を招くので注意。
  16. 「映像」タブを開き、映像に関する設定を行います。
    まず、「映像コーデック」欄で、映像を圧縮する際に使用する コーデック を選択します。
    ついでに、「フレームレート (FPS)」欄で、映像のフレームレートを設定しておきます。
    (そのままでもOK)
  17. 次に、右側にある「品質」欄で、映像の圧縮方法とその品質を指定します。
    指定できる圧縮方法は、以下の 3 つ。
    • 「対象サイズ (MB) 」 : 指定したファイルサイズを目標にして、映像を圧縮します。
    • 「平均ビットレート」 : 平均ビットレートを指定して、映像を圧縮します。
    • 「固定品質」 : 映像の品質レベルを指定して、圧縮を行います※7
    ※7 コーデックがMPEG-4、H.264 の場合、数値が小さいほど高画質になる。
    VP3 の場合、数値が大きいほど高画質になる。

    圧縮を2 パスで丁寧に行いたい場合は、左下の「2-パス エンコーディング」にチェックを入れます.
    (画質は良くなるが、その分変換に時間がかかる)
    ちなみに、「固定品質」で圧縮を行う場合、2 パスは使えません。
  18. 続いて 「音声」タブを開き、音声に関する設定を行います。
    ここでは、
    1. 「ソース」欄で、変換元の音声トラックを、
    2. 「音声コーデック」欄で、音声圧縮の際に使用するコーデックを※8
    3. 「Mixdown」欄で音声のミックスダウン方法を選択し※9
    4. 「サンプルレート」欄で、サンプルレートを、
    5. 「ビットレート」欄でビットレートを
    それぞれ設定します。
    ※8 元の音声ソースが AC3 / DTS の場合、「AC3 Passthru」「DTS Passthru」を選択すれば、
    音声を再エンコードなしに出力することができる。
    ( MKV で出力する場合に)

    ※9 「Dolby Surround」と「Dolby Pro Logic II」の違い
    (どちらも、所謂 「Dolby Digital」 とは異なるので注意)
    AAC で実質的な 5.1 ch を再現したい場合は、「6 channel discrete」を選択すると良い。
    ( ...が、デバイス側でこれを再現できないケースがあるので注意)

    音量の大小が激しい場合、「DRC」(コンプレッサー)を 2 ~ 3 くらいにしておくと、粒が揃います。
    変換元のDVD / Blu-ray がマルチトラック音声の場合、左上の「トラック追加」ボタンをクリックする
    ことで、出力動画をマルチトラック音声にすることができます。
    (リストにトラックが追加されたら、先ほどと同様に音声設定を行う)
  19. 「字幕」タブ を開き、字幕に関する設定を行います。
    (動画に字幕を付ける場合のみ)
    中段の「トラック」欄で映像に合成する字幕を選択し、左上の「追加」ボタンをクリックします※10
    ※10 デフォルトの字幕トラックを追加する時は、「デフォルト」にチェックを入れておく。
    字幕を映像に直接埋め込む場合は、「焼き込み」にチェックを入れる。

    上の「インポート」ボタンをクリックすることで、外部 SRT 字幕を合成させることもできたりします。
    (「インポート」を押してファイルを選択した後、「追加」ボタンを押すのを忘れないように)
  20. 動画にチャプターを打ちたい場合は、「チャプター設定」タブ を開き、「チャプターマーカを作成」に
    チェックを入れておきます※11
    ※11 出力フォーマットが MP4 / M4V の場合、チャプターはQuickTime やiTunes でしか有効に
    ならない。
    普段使っているプレイヤーがApple 製品でない場合は、出力フォーマットをMKV にしておくとよい。
  21. 必要であれば、「拡張」タブ でH.264 の詳細設定を行っておきます。

  22. 変換実行
  23. 設定は、基本的にここまで※12
    ※12 画面右下の「追加」ボタンを押すと、ここまでの設定を “ プリセット ” として保存することが
    できる。

    あとは、画面左上にある「開始」ボタンを押せばOK です。
    コマンドプロンプトが開き、変換処理が開始されます。

尚、設定が終わった後「キューに追加」ボタンをクリックすると、設定内容をキュー(実行待ちリスト)に
追加することができます。
(これにより、続けて他のDVD / Blu-ray データの圧縮設定を行うことができる※13
※13 複数のデータをまとめて変換したい時などに。
処理を実行する時は、キューウインドウ内の「エンコード」ボタンを押せばよい。

ここでは、全設定を手動で行なう方法を紹介しましたが、画面右側にある「プリセット」欄で、あらかじめ
設定されたプリセット(圧縮設定)を利用することもできるようになっています※14
※14 プリセットには、iPod / iPhone / iPad / Apple TV 向け のものが登録されている。

 Handbrake 解説サイト
Kenのムービー計画
トップ音楽・動画関連ソフトDVD データを動画に変換 HandBrake TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Google Chrome
軽快に動作するタブブラウザ

 GeekUninstaller
アプリケーションを徹底的にアンインストール

 CCleaner
高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Windows Live ムービーメーカー
高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 SpeedyFox
Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 アマレココ
デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 新着フリーソフト
 firefox-power-closeFirefox
URL 内に特定の文字列を含むタブを、一括して閉じれるようにする
 SearchBar
任意の検索エンジンを、複数登録しておくことができる Chrome 用検索バー
 Pop-ups in New Tab(Firefox)
ポップアップウインドウが、“ 新規タブ ” 内に表示されるようにする
 GPU Accelerated Flash Player(Firefox)
Flash 動画再生時に、GPU が使われるようにする
 AVG Anti-Virus 2015
常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト
 FoxyTab(Firefox)
タブ周りの機能をちょっとだけ強化してくれる
スポンサード リンク

HandBrake を紹介しているページです