Free Download Manager

Free Download Manager の概要や使い方を紹介しています

Free Download Manager を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

シンプルながらも高機能なダウンローダー!「Free Download Manager」。

Free Download Manager
制作者 FreeDownloadManager.ORG
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download (安定版)
Download (ベータ版)

● Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー。
分割ダウンロード、ダウンロードのレジューム機能、拡張子別のフォルダ振り分け、ブラウザへの機能統合,
ページ内のファイルや連番ファイルの一括ダウンロード、自動ウイルスチェック機能 等々が付いています.
HTTP / HTTPS / FTP / BitTorrent プロトコルに対応しているほか、RapidShare からのダウンロードにも
対応しています。
( OS が98 系の場合、BitTorrent プロトコルを使用することはできない模様)

「Free Download Manager(FDM)」は、高機能かつ使いやすいダウンロードマネージャーです。
元々シェアウェアとして公開されていたダウンローダーで、完成度が非常に高く、高機能である割りに
思いの外使いやすい... という特徴を持っています。
分割ダウンロード (多重接続)、ダウンロードのレジューム機能※1、クリップボード監視機能、拡張子別の
フォルダ振り分け、ページ内のファイルや選択した範囲内にあるファイル の一括ダウンロード、ブラウザの
ダウンロード横取り機能、ブラウザの右クリックメニュー拡張機能、スケジュールダウンロード、URL リストを
利用したファイルダウンロード、ダウンロードしたファイルの自動ウイルスチェック... 等々、実に豊富な
機能が搭載されています。
※1 ダウンロードが途中で止まってしまった時に、ダウンロードをその時点から再開する機能。
対応しているプロトコルはHTTP / HTTPS / FTP / BitTorrent で、他にも RapidShare、MEGAUPLOAD,
Hotfile 等からのファイルダウンロードにも対応しているようです。
( RapidShare 等は、単純にブラウザからのダウンロードを横取りするだけだが...)

基本的な使い方は以下のとおり。
 Free Download Manager インストール方法

    初期設定
  1. メニューバー上の「設定」から「設定」を開きます。
  2. 左メニューの中から「新規ダウンロード」を選択。
  3. 右下の方にある「拡張」ボタンをクリックします。
  4. 「デフォルトのダウンロード設定」というウインドウが表示されます。
    「プロトコル」タブ を開き、「サーバに通知する情報」を「Microsoft Internet Explorer 5.0」等に
    変えておきます。
  5. 必要であれば、そのまま「接続」タブで
    • 再接続試行までの間隔
    • 速度制限
    を設定したり、「プロキシ」ダブでプロキシの設定を行ったりしておきます。
    (よくわからなければ、そのままでOK )
  6. 左下にある「OK」ボタンを押し、「デフォルトのダウンロード設定」画面を閉じます。
  7. さらに「OK」ボタンを押し、Free Download Manager のメインウインドウに戻ります。

  8. ダウンロードフォルダの設定
  9. 左のツリービュー内に表示されている「すべてのダウンロード」を右クリックし、
    グループのルートフォルダを設定」を選択。
  10. 「フォルダの参照」ダイアログが開くので、基本となるダウンロードフォルダを指定します※2
    ※2 ここで指定したフォルダの下層階層に、「音楽」「画像」「動画」「ソフト」等のジャンル別
    サブフォルダを作成することができる。
  11. デフォルトでは、(おそらく)ルートフォルダ直下に
    • Music
    • Software
    • Video
    というグループ(サブフォルダ)が既に存在していると思います。
    それぞれのフォルダを右クリックし、「グループのプロパティ」を選択します。
  12. 「グループのプロパティ」ウインドウ が開きます。
    ここで、
    • グループ名 (サブフォルダ名)
    • デフォルトのフォルダ (フォルダの場所) ※3
    • このフォルダに保存するファイルの種類※4
    を設定しておきます。
    ※3 「マクロ」をクリックすることで、サーバ名 / 現在の年 / 現在の月 / 現在の日 の名前が付いた
    フォルダを、グループフォルダ直下に自動生成させることも可能。
    (フォルダは、ダウンロード実行時に生成される)

    ※4 拡張子別の自動振り分けを行いたい場合は、ここで関連付ける拡張子を指定しておく。
  13. 必要に応じて、「すべてのダウンロード」を右クリック →「新規グループの作成」から、さらに
    新規グループ(サブフォルダ)を作成しておきます。
  14. ダウンロードしたファイルを、自動でウイルスチェックにかけることもできます。
    この機能を有効にする場合は、あらかじめ次のような設定を行っておきます。
    1. メニューバー上の「設定」から「設定」を開きます。
    2. 左メニューの「ダウンロード」をクリック。
    3. 画面中段にある「ウイルスチェックをかける」にチェックを入れ、
    4. スキャンの際に使う アンチウイルス を指定します。
    5. すぐ下にある「ファイルの種類」欄で、自動スキャンを有効にする拡張子を指定します。
    6. 最後に、「OK」をクリックして設定画面を閉じます。
  15. Free Download Manager には、ファイルを簡単にダウンロード登録できるようにする
    • ドロップボックス( ドロップボックス
    というものが用意されています。
    もしこれが邪魔 or 不要 な場合は、メニューバー上の「表示」から「ドロップボックスを表示」の
    チェックを外しておきます※5
    ※5 ドロップボックスの透明度は、自由に調整することができる。
    透明度を設定したい場合、メニューバー上の「設定」から「設定」を開き、左メニュー内の
    「一般」>「その他」>「基本」をクリック → 右下の「ドロップボックスを表示」欄で設定を行う。
    ダウンロードを行う - 基本編
  1. ツールバーの一番左にある ダウンロードを追加 ボタンをクリックします※6
    ※6 もしくは、ダウンロードしたいファイルを ドロップボックス に直接ドラッグ&ドロップ。
  2. 「ダウンロードの追加」というウインドウ が表示されます。
  3. 一番上の「URL」欄に、ダウンロードしたいファイルのパスを入力します※7
    ※7 ファイルをドロップボックスに直接ドラッグ&ドロップした場合は、入力する必要なし。
    (自動で入力されている)
  4. ダウンロードの際に認証が必要な場合は、左上の「接続時に認証が必要」にチェックを入れ、
    必要となるユーザー名やパスワードを入力しておきます。
  5. 必要であれば、中段の「グループ」欄で、ダウンロード先のグループを指定しておきます※8
    ※8 「保存先」欄の右にある ボタンをクリックすることで、グループ以外のフォルダを
    指定することも可能。
    (「フォルダの参照」ダイアログが開く)
  6. 特定のリファラ( = 参照元のページ)からのダウンロードしか受け付けていないファイルを
    ダウンロードする時は、画面下部の「拡張」をクリック → 「プロトコル」タブの「リファラ」欄に、
    リファラとするURL を入力しておきます。
  7. ちなみに、画面下部にある「開始」欄の「予約」にチェック → ボタンを押すことにより、
    ダウンロードのスケジュール設定を行うこともできたりします。
    スケジュール設定画面では、
    • ダウンロードを開始する時刻
    • ダウンロードを行う年月日
    • ダウンロードを行う周期
    等を指定できるようになっています。
  8. 最後に、画面右下の「OK」ボタンをクリックすれば、ファイルのダウンロードが開始されます。
    ダウンロードしようとしているファイルがZIP の場合、中身を途中でプレビュー表示することも
    できたりします。
  9. ダウンロードが完了したら、メイン画面内に登録されたファイル情報は削除してOK です。
    (右クリック →「ダウンロードを削除」を選択する)
    連番ファイルのダウンロード 編
  1. 連番ファイルとは、たとえば
    • http://www.gigafree.net/img/test1.jpg ~ http://www.gigafree.net/img/test50.jpg
    というように、連続した番号で構成されているファイルのことです。
    ここでは、例として上記「test1.jpg」~「test50.jpg」を一括ダウンロードする方法を紹介します。
  2. メニューバー上の「ダウンロード」から、「新規バッチダウンロード」を選択
  3. 「新規バッチダウンロード」という画面 が立ち上がります。
    まず、一番上の「URL」欄に、全てのURL で共通する部分を入力します。
    今回の例で言うなら、
    • http://www.gigafree.net/img/test.jpg
    が、全てのURL に共通する部分になります。
  4. 次に、全てのURL で異なる部分に、 (*)  を挿入します。
    今回の例で言うと、数字の部分が “ 異なる部分 ” になるので、以下のようになります。
    • http://www.gigafree.net/img/test(*).jpg
  5. 連番」欄に、ダウンロードしたいファイルの最初の番号 / 最後の番号 を、ハイフン区切りで
    入力します※9
    ※9 例) 1-50
  6. 右側にある「結果」ボタンをクリック。
  7. すると、入力された情報を基に、連番URL が生成されます。
    これを見て、URL が正しく生成されているかどうか確認します。
  8. あとは、普通にダウンロードを行う時と同じ。
    保存先のフォルダなどを指定し、最後に右下の「OK」をクリックすればダウンロード開始です。
  9. ここでは、 “ 数字 ” が変化するURL を例にして紹介しましたが、
    • http://www.gigafree.net/img/testA.jpg ~ http://www.gigafree.net/img/testJ.jpg
    というように、" アルファベット " が変化するURL を、一括してダウンロードすることもできるように
    なっています※10
    ※10 その場合は、(*) の代わりに (*A)  あるいは (*a)  を挿入する。
    (上記例のような大文字連番の場合は、(*A) を挿入する)
    http://www.gigafree.net/img/test(*A).jpg
    その後、上部の「開始」「終了」欄で、連番の開始 / 終了 アルファベットを指定する。
    ブラウザの右クリックメニューに、機能を統合する
  1. Free Download Manager の機能は、ブラウザの右クリックメニューに組み込むこともできます。
    ( IE 系ブラウザ、および Firefox
    Free Download Manager をブラウザに組み込む場合、次のような操作を行います。
    1. メニューバー上の「設定」から「設定」を選択。
    2. 左メニュー内にある「監視」をクリック。
    3. 画面中段にある「FDM 関連のコンテキストメニューをブラウザに追加」にチェックを入れ、
    4. 右の「詳細設定」ボタンをクリック →
    5. ブラウザの右クリックメニューに組み込みたい機能にチェックを入れます。
    組み込める機能には、
    • Free Download Manager でダウンロード
      右クリックで選択したファイルを登録した状態で、「ダウンロードの追加」画面を開く
    • サイトをFree Download Manager でダウンロード
      Web サイトを丸ごとダウンロードする
    • Free Download Manager ですべてをダウンロード
      ページ内にある全てのリンクを、Free Download Manager に送る※11
    • 選択項目をFree Download Manager でダウンロード
      選択した範囲内にある全てのリンクを、Free Download Manager に送る※11
    • ※11 これらの機能については、ここ を参照。
    といったものがあります
    ( Firefox に組み込めるのは、「Free Download Manager ですべてをダウンロード」のみ)
  2. ここまで設定が済んだら、ブラウザを再起動させます。
    あとは、ダウンロードしたいファイル or ダウンロードしたいファイル のあるページ上で右クリック →
    「Free Download Manager でダウンロード」等を選択すればOK。
    ブラウザのダウンロードを横取り 編
  1. FDM には、ブラウザのダウンロードを横取りする機能もあります※12
    ※12 EXE やZIP ファイルをクリックした際に、FDM が自動で立ち上がるようにする。
    この機能を利用したい場合、以下のような設定を行っておきます。
  2. メニューバー上の「設定」から「設定」を開きます。
  3. 左メニュー内にある「監視」をクリック。
  4. 右側の欄で、横取りを有効にするブラウザにチェックを入れておきます。
    ( IE コンポーネントを利用しているブラウザは「Internet Explorer」になります)
  5. 必要であれば、
    • 「Alt」キーが同時に押されている場合のみ、横取りする
    • 指定した種類のファイルのみ横取りする※13
    • 指定したサイズ(KB)未満のファイルは横取りしない
    ように設定することもできます。
    ( IE 系ブラウザ / Firefox のみ)
    ※13 「スキップリスト」ボタンから設定を行うことができる。
    指定した拡張子のファイル、または、指定したサイトからのダウンロードは、横取りしないように
    設定できる。
  6. 「OK」をクリックし、設定画面を閉じます。
  7. これで、ブラウザのダウンロードを横取りできるようになっています。
    (「Free Download Manager」が起動していない時でも、横取りが行われるようになります)
    複数ファイルの一括ダウンロード 編
  1. まず、ブラウザの右クリックメニュー内に
    • Free Download Manager ですべてをダウンロード
    • 選択項目をFree Download Manager でダウンロード
    のどちらかを登録しておきます。
  2. 右クリックメニュー内に
    • 選択項目をFree Download Manager でダウンロード
    を登録した場合は、ダウンロードしたいファイルをドラッグして選択状態にし、右クリック →
    • 選択項目をFree Download Manager でダウンロード
    を選択します。
    右クリックメニューに
    • Free Download Manager ですべてをダウンロード
    を登録した場合は、ダウンロードしたいファイルがあるページ上で右クリック →
    • Free Download Manager ですべてをダウンロード
    を選択します。
  3. すると、「ダウンロードリストへ追加」というウインドウ が表示されます。
    このウインドウには、選択状態にあったファイル、あるいは、ページ内にある全てのファイルが
    登録されています。
    この中に不要なファイルがある場合は、あらかじめそれらをフィルタしておきます※14
    ※14 例) 画像のみをダウンロードしたい場合
    1. 右上にある「フィルタ」ボタンをクリック。
    2. 「フィルタ」という画面が表示されます。
      ここの「ファイルの種類」欄で、リストに残したいファイルの拡張子を指定します。
      (拡張子を複数指定する時は、それぞれの拡張子を半角スペースで区切る)
      今回は画像ということで、 jpg gif png bmp と入力。
    3. 「指定するファイルの種類はそのままにする」にチェックを入れ、「OK」をクリック。
    4. これで、リスト上のファイルをフィルタリングすることができました。
      ( jpg / gif / png / bmp 以外のファイルが、リストから除外される)
  4. あとは、基本的なダウンロードの時と同じ。
    保存先等を指定し、右下の「OK」をクリックすればダウンロード開始です。
    URL リストを利用して、一括ダウンロード 編
  1. ファイルのURL が書かれたリストを基に、ファイルの一括ダウンロードを行うこともできたりします。
    この “ URL リスト ” を使ったダウンロード方法は、次のとおり。
  2. まず最初に、ダウンロードしたいファイルのURL を、空のTXT ファイルに一行ずつ書いていきます.
  3. URL を書き終わったら、全てのURL を選択状態にし、これをクリップボードにコピーします。
    (適当な名前を付けて、リストを「.txt」形式のファイルとして保存してもOK)
  4. FDM を起動し、メニューバー上の「ファイル」→「インポート」から「クリップボードからURL の
    リストをインポート」を選択します※15
    ※15 リストをファイルに保存した場合は、「URL のリストをインポート」から、URL リストファイルを
    読み込む。
  5. 「グループの選択」ウインドウが表示されます。
    ここでダウンロード先のグループを選択し、「OK」ボタンをクリック。
  6. すると、ダウンロードが自動で始まります。
    ポータブル版の作成
  1. メニューバー上の「ファイル」から「ポータブル版の作成」を選択。
  2. 「ポータブル版の作成」という画面が表示されるので、右下のフォルダアイコンをクリック →
    Free Download Manager の展開先フォルダを指定します。
  3. あとは、画面下部の「OK」ボタンをクリックすればOK。
    先程指定したフォルダ内に「Free Download Manager」という名前のフォルダが作成され、
    その中にFree Download Manager がインストールされます。

その他、ダウンロードするファイルのサイズを事前にチェックする機能や、ダウンロード終了後にFDM or
パソコン をシャットダウンさせる機能、ダウンロードをやり直す機能... なども付いています。


トップインターネットダウンロード支援ソフト Free Download Manager TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 XMedia Recode
多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 ImgBurn
高機能かつ多機能なライティングソフト

 Google Chrome
軽快に動作するタブブラウザ

 DVD Flick
動画をDVD データに変換してくれるソフト

 MasterSeeker
インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 Partition Wizard Home Edition
パーティションをあれこれ操作できるソフト

 新着フリーソフト
 Wise System Monitor
高機能なシステムモニターツール
 RSS Feed Icon in Navbar
ナビゲーションバー上から、“ フィードの購読 ” を行えるようにする Firefox アドオン
 Firewall App Blocker
指定したアプリケーションの通信を、全自動でブロックできるようにするソフト
 PdfTrick
PDF 内の画像をサムネイル一覧で表示し、その中から任意のものを抽出
 UAC Trust Pal
管理者権限が必要なソフトを、Windows 起動時に警告なしで自動実行させる
 Fake Vedio AD (Firefox )
あらゆるWeb ページ上で、動画や音楽を視聴できるようにする

Free Download Manager を紹介しているページです